シンプルライフで心も体も健康に♪

目指すは豊かなシンプルライフ!コストコおすすめ商品の紹介も含めた雑記ブログです。

DIY 人工木デッキを作成「カインズ簡単に組み立て出来る人工木デッキ」を連結して作った感想

住宅購入時に付いていた木製のウッドデッキ。

塗装を塗り直したり、部分的に補修をたりして使っていましたが10年以上が経過。

傷んだ部分も増え、そろそろリフォームの時期のようです。

DIYでメンテナンスの楽な人工木素材のウッドデッキに作りかえてみました。

f:id:lifeplusresortstyle:20210517122148j:plain

人工木(カインズ簡単に組み立て出来る人工木デッキ1890)を

連結して大きめのウッドデッキを作成してみました。(DIY) 

「人工木」とは、木粉と樹脂等を使用して人工的に作られた木材のことです。

メーカーや素材により異なりますが、主なメリットデメリットは以下の通り。

●メリット

腐食しにくく害虫の被害も受けにくくメンテナンスが楽。

●デメリット

太陽光を吸収、熱保持しやすいので夏場は天然木に比べて熱くなる。

 

メンテナンスのことを考えなければ、私は断然、天然木の方が好みです。

ただ、これから年齢を重ねても同じメンテナンス作業を繰り返せるかと考え。。。

今回はメンテナンスが楽な人工木のウッドデッキを試してみることにしました。

実際に人工木の質感など、実物を確かめたかったったのでホームセンターへ。

何店舗か回り、今回はカインズの人工木デッキキットでウッドデッキを作ることにしました。

カインズ 簡単に組み立て出来る人工木デッキ1890を選んだ理由

①連結させるなどして、大きさを自由に変えられる

②組み立てが簡単=解体する時も簡単

③他のメーカーの人工木ウッドデッキキットと比べて安い

 

ネットなども含めて、人工木デッキの情報収集をしていると値段はピンキリ。

材質に拘りのあるものはそれなりに高いです。

どこまで拘るかですが、人工木デッキを作るのは今回がはじめて。

値段も組み立ても手軽なカインズの人工木デッキを試してみることにしました。

カインズ 簡単に組み立て出来る人工木デッキ作成開始!

f:id:lifeplusresortstyle:20210517134250j:plain

2箱で1セットになっています。

箱から出し並べ、左右、真ん中の連結部分に脚を付けたら出来上がりです!

スムーズに作れれば、とっても簡単です。

ただ、この商品は中国製。

左右の脚は簡単に付けられましたが連結部分を付けるプレートの穴がキツイ。

6セット組み立てましたが、なかなかビスが入らないものも。。。

f:id:lifeplusresortstyle:20210517124807j:plain

1セット組み立てたら、あらかじめ作っておいた基礎の上に載せます。
水平になっているか、水平器を使ってチェック。

 

f:id:lifeplusresortstyle:20210517131036j:plain

外側は、付属の連結プレートを使って連結。

f:id:lifeplusresortstyle:20210517131156j:plain

内側は、別途購入したL字型の連結プレートを使って連結しました。

  

f:id:lifeplusresortstyle:20210517132356j:plain

写真のように、6セットを連結させて、大きめのウッドデッキを完成させました。

カインズの「簡単に組み立て出来る人工木デッキ」を使ってウッドデッキを作ってみた感想

「値段の割には良いんじゃない?」と、満足しています。

見た目も、高級な商品と見比べなければそんなに安っぽくはありません。

作りがちょっと微妙かなぁ?

と、いう部分も正直ありますが許容範囲。

まだ設置してから1週間しか経っていないので経年劣化などの状況はわかりません。

 今後、この記事にアクセスがあるようなら経過を随時追加していこうと思っています。

 

*金属部分など、念の為さび止めスプレーをかけておきました。

 

 

基礎作りなども含め、高さの微調整にはゴムハンマーがあると便利です。

 

 

*追記 2021.6.8 

我が家の大きめのウッドデッキを作る為にはキットが6セット必要でした。

1セットが2箱の商品の為、自家用車への積み込みは不可能と判断。

カインズホーム トラック貸し出しサービスを利用しました。

f:id:lifeplusresortstyle:20210608112333j:plain

開店と同時に、カインズホームへ行き商品を購入。
レシートをサービスカウンターに持って行きトラックの貸し出しの手続き。

2時間無料、ロープも一緒に貸して貰えました。

トラックの貸し出しサービスは先着順なので借りたい場合は早めに店舗に行った方が良いと思います。

全て自力で行う必要があるので、一人だと厳しいかもしれません。

 

ウッドデッキを配送する為の時間や、労力を節約したい場合は通販もあります。

通販を利用すれば届けてもらった物を組み立てるだけなので更に簡単に作れます。

ただ、私が購入した時は店舗の方が安かったです。

ウッドデッキの質感など。。。

実際に現物を見て購入するか判断した方が絶対良いと思うので一度店舗で確認し、どちらで購入するか決めるのがベストだと思います。

ご参考までに、カインズホームの通販サイトのリンクを貼っておきます。

https://www.cainz.com/shop/g/g2200224730495/

 

www.odekakeplus.com