シンプルライフで心も体も健康に♪

日々の暮らしをシンプルに♪ 夫婦仲良く健康的に。時々旅をしながら身軽に人生を楽しみたい!コストコのおすすめ商品も紹介しています。

農家で「うどの新芽」を収穫し天ぷらにしてみました

夫の友人の農家に行った時、

「うどの新芽」や、「タラの芽」も収穫していただきました。

f:id:lifeplusresortstyle:20190425210723j:plain

こちらは、うどの新芽。

タラの芽も収穫しましたが、写真を撮り忘れてしまいました。。。

なんだか2つは似ていて、

天ぷらにしたら、どっちがどっちだかよくわからなくなってしまいました。

f:id:lifeplusresortstyle:20190425211009j:plain

タケノコをはじめ、色々な食材の下処理などをしていたら

あっと言う間に時間が経ち。。。

最後のてんぷらは、やっつけ仕事のようになってしまいました。

*私は他の料理で力尽き、実は夫が天ぷらを作りました。(笑)

 

しかし、揚げたての天ぷらはとっても美味しかったです。

 

たくさんの春の恵みを分けていただいた農家の方に感謝です!

農家で「ふき」を収穫!「ふき」の煮物を作ってみました。

夫の友人の農家に行った時、

タケノコの他にも色々と旬の食材を収穫し頂いてきました。

その中の1つが「ふき」。

f:id:lifeplusresortstyle:20190424212614j:plain

とっても広い敷地の一部に、たくさん自生していました。

f:id:lifeplusresortstyle:20190424212850j:plain

これくらいの大きさになったふきの根元(少し赤い部分)

をカッターで切り収穫。

葉っぱは、その場で手でちぎり茎のみ持って帰りました。

 

自宅に持ち帰り、ふきを使った料理レシピを調べていたらどれも味が濃そうです。

そんな時、象印のホームページに電気圧力なべを使った甘さ控えめのレシピを発見。。

www.zojirushi.co.jp

こちらの、ふきと実山椒の佃煮のレシピを参考に料理開始!

f:id:lifeplusresortstyle:20190424213622j:plain

まずは、ふきをまな板に乗せ、塩をふって板ずりしたら、

鍋に入れて3分位茹でます。

茹であがったら冷水に取り、ふきの筋を取る要領で皮をむき、

4~5㎝の長さに切り10分間水にさらします。

f:id:lifeplusresortstyle:20190424214040j:plain

鍋に水を切ったふきと、調味料を入れ本体にセット。

可変圧力で40分に設定。

 

*ご参考までに今回の分量は下記の通り。

・ふき   約600g

・しょうゆ 大匙6

・酒    大匙3

・みりん  大匙3

・砂糖   大匙1

 

40分後に味見をしてみたら、ちょっと味が薄く感じたので

フライパンに移し煮汁を少し煮詰めてみました。

完成品は、こんな感じです。

f:id:lifeplusresortstyle:20190424214750j:plain

翌日の方が味が染みて美味しくなりました。

実山椒が無かったので今回は入れませんでしたが、

入れたらもっと味が締まり美味しくなったのだと思います。

また機会があれば、今度は実山椒入りで作ってみたいと思いました。

  

タケノコ大量消費 オイル漬け・冷凍・長期保存にチャレンジ

大量に掘ってきたタケノコ。

とてもじゃありませんが、1週間位では食べきりません。

*タケノコは栄養たっぷりですが消化が悪いので食べ過ぎには注意!

鮮度が命のタケノコ。

とりあえず、掘ってきた日に電気圧力鍋と普通の鍋、2つを何度も稼働させ下処理。

翌日、長期保存用にオイル漬けと冷凍にしてみました。

 

まずは、オイル漬け。

f:id:lifeplusresortstyle:20190423190110j:plain

灰汁抜きした筍を、食べやすい大きさに切り

キッチンペーパーで水分をしっかり拭き取ります。

筍を瓶に詰め、オイルをひたひたに、筍が浸かるまで入れます。

 

洋風の炒め物用の、オリーブオイル漬け(ニンニク、ローズマリー、唐辛子)

中華の炒め物用の、ごま油漬け(ニンニク、ブラックペッパー、唐辛子)

2種類作ってみました。冷蔵保存で1ヵ月位保存できるようです。

 

次は、砂糖をまぶして冷凍保存。

f:id:lifeplusresortstyle:20190423190838j:plain

筍はそのまま冷凍してしまうと、

たけのこの中の水分が飛んでしまって美味しくなくなってしまうそうです。

色々調べた結果、水分を逃さないように砂糖でブロックするとのこと。

まぶす砂糖の目安は、筍300gに対して大さじ1。

 

適度な大きさに切り、しっかり水気を取った筍をジップロックに入れ、

砂糖をまぶして振り振り!全体に混ざったら平らにして冷凍。

後で使う事を考えて、下の方の硬い部分は細長く長方形に切りメンマ用。

先から真ん中の美味しそうな部分は炒め物用と分けてみました。

調理をする時に、加えてある砂糖の量が分かるように袋に記入。

こちらも1ヵ月位?もっと?は美味しく食べられるようです。

 オイル漬け、冷凍、共にはじめてなのでどうなるかは正直わかりません。。。

 

また、食べる時は感想も含めてこのブログで報告致します!

 

*農家の方に一応、冷凍できるか聞いたところ、そんなのしたことない。

 美味しくないじゃない!と。。。(笑)

 いつも食べたくなったら掘って来て食べるだけだだからね~。との事でした。